バカンスは南仏にいる元カノと~後編

こんにちは。

最近、僕が働いているレストランの責任者と来年のことについて話すことが何度かありました。
どうやら労働ビザを取って来年も働くという選択肢があるとのこと。

まだ返事をしてはいませんが、来年もフランスにいられるというのは惹かれるものがあります。
フランス語の勉強にもなるし、好きな子のこともあるし...
ただ、引き続き働くとなると、3、4年はこのレストランで働くことになるらしい。
んー、悩みどころです。

3、4年は中々長い、かといって日本に帰って働くというのも気が乗らない。
来年は世界一周に行く予定でしたが、それだけの期間待っていてくれるかもわからない。
まあそもそも長い期間世界を回る資金もあまりないんですが。

一つ確定していることは、こっちで一人暮らしをするなら、ねこを飼うということぐらいですね。

それでは、バカンスの続き行きましょう。

翌日の土曜日。
この日は、夜に彼女の友達と会うということで、それまではLyonの観光です。

とりあえず泊まっているところにいたねこの写真を載せておきましょう。

名前はKUMOちゃん、男の子です。
普通に触らせてくれたので、彼女と一緒にずっと触ってました。
めっちゃかわいかった。
ちなみにこの子がいるベッドが僕たちが寝てたベッドです。

前にも話した通り、彼女は学生時代Lyonに住んでいたので、大体のことは把握しているそう。
彼女に案内されて街をぶらぶら歩きます。

お互い昨日の夜のことは口にはしません。
もう付き合ってはいないので、手をつないだりキスをしたりすることもありません。
でもそれを除けば、依然と同じような感じで話したり、笑ったりしていました。
それが辛くもあり、嬉しくもある。
変な感じですが。

そんな感じでぶらぶらしてました。

マリアンヌ像。
フランスを擬人化した像です。
フランス中に同じようなのがあるとのこと。

綺麗な噴水。

こんな感じの通路はパリにもいっぱいあるんですが、おしゃれで好きです。

たぶんオペラを見る所だったと思います。

工事中の噴水。
中々かっこいい噴水だそうで、しきりにアンラッキーだと言われました。

フランスっぽいですよね。

Lyonの街並み。
写真じゃ伝わりませんが、実際に見るともっときれいです。

このケーブルカーに乗って丘の上にある教会まで行きます。

丘の上にある教会で、ノートルダム大聖堂という名前です。
厳密にはフルヴィエールのノートルダム大聖堂という名前で、中がすごく良い感じです。

教会の近くにある鉄塔。
エッフェル塔みたい。

教会の横にある街を見渡せるポイントからの眺め。

教会内部。

古代の劇場ですね。
ここでライブとかもやるそうです。

歩いているときに筋トレスポットを見つけたので、載せておきます。

Lyonで筋トレするなら、ここで決まりですね。
場所ははっきり覚えていないのですが、この辺です。

おおざっぱですいません。

さて、その夜。
20時ぐらいまで二人で川沿いで昼寝をした後、飲み屋街へ向かいました。
飲み屋街というとあれですが、バーやレストランがたくさんあるなかなかおしゃれな通りがあるんです。
写真を撮り忘れたので、拾い画像を載せておきます。


http://www.embark.org/france/lyon/culture/old-cityより

オールドリヨンという場所なんですが、こんな感じで中世の街並みが残っていて昼はもちろん、夜がすごくおしゃれな感じになるんです。
なつかしのFigeacみたいな感じです。

ここに行くためには、中心から西の方に歩いていき、川を渡る必要があります。
橋もこんな感じできれいです。

1件目は、昼に話していた彼女が一番好きなハンバーガー屋です。
彼女の友達とその友達で合計5人。
フランス語が話せない僕にも英語でやさしく話してくれました。
特に彼女の友達は、頻繁に僕に話しかけてくれたので、シャイな僕もなんとか言葉を発することができました。

その後は、2件目のバー、3件目の船上バーと続いていきます。
船上バーというのは、川にボートがつながれていてその中がバーになっているというやつ。
Lyonには、この船上バーが何件かあって彼女も学生時代によく来ていたそうです。
ちなみにParisのセーヌ川にもいっぱいあります。

途中で友達が1人抜けたり、新たに1人加わったりしながら、結局5時まで飲んで踊ってました。

5時過ぎぐらい位に帰るかどうかの会議が開かれましたが、さすがの僕も大分飲んで踊ったので、若干ふらふらになっていたので、僕と彼女は帰ることに。

彼女は友達と別れるまでは普通だったのに、別れて歩き出した途端、ふらふらで半分寝ながら歩いています。
危なかったので、ここはちゃんと手をつないであげなくては、と理由をつけてしっかり手をつなぐと、彼女もしっかり握り返してくれます。
しかも酔っぱらってるからか、甘えた感じも出してきます。

この帰り道がLyon滞在で一番楽しかったです。

普通に歩けば15分の道を30分ほどかけて帰って、すぐにベッドに倒れこみました。
その後はもちろん皆さんの想像通りです。

そして翌日。
もちろん昨晩、というかほんの5時間前のことは何も話さずに朝食を済ませて出かけます。
今日は昨日友達と一緒にカヌーをする予定になっていました。
カヌーとか初めてだし、なんかフランスっぽいなと思いながら、一人でテンション上がっていました。

そしてカヌーのレンタルができる場所に到着。
場所はここです。

なんと1人15ユーロで借りられるようです。
しかもたぶん1日借りてこの値段。
めっちゃ安くないですか。
日本やったら3000円以上は間違いなくするはず。
知りませんが。

でも僕たちは電車の時間があるので、1時間半しか時間がありません。
1時間半だけかー、と始まる前は思っていましたが、始めてからは、1時間ぐらいでいいなと思いました。
これ、なかなかしんどいんです。
彼女と二人体制で乗っていたのですが、二人の息を合わせるのがなかなか大変。
しかも後ろの彼女からは、合わせにくいとずっと文句言われてました。
いや、今日初めて...

新聞社が入っている建物。

アパートだそうです。

そんな感じで初カヌーを終えた僕は、割とへとへとでした。
しかも終わった時間が少し遅くて、500m離れた駅まで二人でダッシュ。
何とか間に合いましたが、めっちゃ疲れました。

そんな感じのLyon滞在でした。
初めはどうなるかと思いましたが、行って良かったですね。

Aix en Provenceに帰ってからは、お姉ちゃんと三人で近所のビーチに行ったり、アイスクリーム食べに行ったりと楽しく過ごしてました。
もちろん帰ってからは夜は何もなしですが。
でも三人で遊びに行くのも楽しかったなー。

そして帰りの電車。

彼女が駅まで送ってくれて、見送りをしてくれました。
2年前にフランス来た時もこんな感じで見送りしてくれたなー、と思い出して懐かしくなりながら、あの時とはもう違うんだと思うと悲しかったです。

以上がこの前のバカンスの話になります。

そして今でもこの変な感じの関係は続いています。
ほぼ毎日メールもしてます。
まあ次会ったときにキスとかあるかは分かりませんが...たぶん...

次に会うのは約3週間後です。

以上!

世界一周ランキングに参加しています。
1Clickしていって下さい!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA