ビザの準備ービザ申請までの必要経費

2020年1月29日追記
この度、このブログに書いてある情報を全てまとめたサイトを作りました!
FranFormation

 

どうもお久しぶりです!
仕事と筋トレとビザの準備と筋トレに追われていたせいで、更新が大分空いてしまいました。

おかげで何とかビザの書類をすべて集めることができました!
パスポートの更新もギリギリではありましたが、新しいものをゲットすることができたので、万全の態勢でビザの申請に望めます。
ビザの申請はこの後11時から。
今は大使館の近くにあるマクドナルドでこれを書いています。

いやー、書類が集まるかどうか本当に心配でしたが、何とか集まりました。
よかった...
一番の難関である申請動機作文も何とか書くことができました。
これで申請が下りなかったら、どうしよ...

まあ心配してても仕方ないんで、さくっと申請してこようと思います。

さて、今日は何を書くのかというと、タイトル通り「ビザの申請までにかかったお金」についてです。
ワーホリビザの申請にはお金はかかりませんが、書類の準備に多少お金がかかります。
言っても、全然高額ではありませんが。
ここ書くのは、あくまでも僕の場合の話なので、参考程度にご覧ください。

①東京までの旅費(往復×2)・・・17870円
東京までの旅費です...
これは東京在住の方は必要ありませんね。
僕は関西在住なので、しっかりかかりました。
旅費を抑えるために夜行バスを使いましたが、11月の初めにも質問のために(ただ質問するためだけに!!)東京まで来ているので、合計17870円かかりました。
北海道とか沖縄の人だと...考えるだけでも恐ろしいですね。

②パスポート・・・16000円
これは必要な方のみになります。
僕の場合、ちょうどワーホリをしている間にパスポートの期限が切れる予定だったので、パスポートを更新することにしました。
金額は10年パスポートの場合です。

③残高証明書発行手数料・・・510円
ビザの申請に必要な書類の一つである残高証明書です。
僕はゆうちょ銀行で残高証明書を発行してもらったので、510円かかりました。
他の銀行はわかりませんが、そんなに変わらないんじゃないでしょうか。

④健康診断書・・・4320円
これもビザの申請に必要な書類です。
健康診断やパスポートの申請などビザの準備は平日にやらなければならないことがいくつかあるので、働いている方はどうしても有休をとってやる必要があります。
有休が取りやすい会社でよかった...

⑤海外旅行保険加入証明書・・・64497円
これが一番高額でした。
世界一周をされる方がよく使われるAIU保険や金子秀人損害生命保険事務所などは1年で何十万円もかかってしまうので、ちょっと僕には無理でした。
まあその分保証も手厚いとは思うんですが。
僕が入ったのはアリアンツ社の海外旅行傷害保険です。
傷害保険なので、携行品等は保証されておらず、けがや病気の時に使えるものとなります。
魅力はなんといってもやはり金額ではないでしょうか。
1年で540ユーロという安さ。
結構即決で決めてしまいました。笑

⑥レターパック510(赤)・・・510円
ビザの申請が通った時にビザを家まで送ってもらう場合に必要になります。
名前の通り510円。

⑦証明書写真代・・・2684円
証明写真にしては高額だと思いましたか?
別に写真屋さんで高い写真を撮ったわけではありません。笑
これは僕の不注意のせいですね。
ビザの申請だけなら1000円もあれば足ります。
僕の場合、パスポートの申請でも使ったのでちょっと高くなっています。
それプラスで撮った証明写真がパスポートの申請のために撮った証明写真が使えないと言われたので、撮り直しもしました...

⑧コピー代・・・500円
ネットカフェ代も含めての金額です。
1枚20円でコピーができたので、必要書類の印刷も含めて何度かやりました。

ビザの申請の必要経費はこれくらいですね。
総額106891円です。
これプラスフランスへの片道飛行機代68000円を含めれば、20万円弱ですね...

さらにぶっちゃけると、1か月後のフランス滞在スタート時の僕の全財産、予定では50万円もありません!笑
全然笑えないです。
ワーホリなので、いざとなれば働けるというのが唯一の救いです。
そのためには、フランス語を必死こいて覚えないといけませんが。

まあ何とかします。

そんな感じでいい時間になったので、大使館に向かおうと思います。
皆さん、幸運を祈っていてください!

以上!

世界一周準備ランキングに参加しています。

にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA