パリで猫カフェに行こう

こんにちは。

先週は日本から友達が来ていたので、なかなか書く時間が取れませんでした。
彼は普通に日本の会社に勤めているので、滞在できたのは1週間。
なので、僕も有休をとって一緒にパリ観光をしていました。
それについてもまた書こうと思います!

さて、今日はこの前行ってきた猫カフェの話でもしましょう。

僕は以前、韓国、台湾、タイで猫カフェに行きましたが、どこも日本とは異なり、ドリンクさえ頼めば好きなだけいられるという普通のカフェ方式になっていました。
どこも日本みたいに1時間いくらワンドリンク付きとかそういうのではありません。
そしてフランスの猫カフェもどうやら普通のカフェみたいにドリンク代だけでオッケーのようです。

お店の名前は、”Le cafe des chat”。
日本語で猫カフェ。
そのままですね笑

最寄り駅は5番線のBreguet-Sabinという駅ですが、近くにBastilleという1、5、8番線の大きい駅もあるので、そっちの方が便利かもしれません。

お店の場所はこちら。

下のバスティーユ広場に駅があって上の方に歩いていく感じです。

そしてこちらがお店になります。

外から猫が見えるようになっています。

そして入店すると、まずは手を消毒した後、猫カフェは初めてかどうかと聞かれます。
来たことがないと言うと、猫カフェでのルールを説明されます。
ルールと言ってもどこも同じようなもので、フラッシュ禁止とか無理な抱っこは禁止とかそんな感じのこと。

それが完了すると、好きな席に座ってくださいと言われるので、好きな所に座っちゃいましょう。
一番奥にあるソファ席がいい感じでした。

そしてこれが店内の感じ。

あんまり写真撮ってなかった...
あと、昼の写真と夜の写真がありますが、これは別日にもう一回行ったためです。

ねこはおそらく15匹ぐらいいると思います。
何か食べたり飲んだりしていると来ますが、基本的には寄ってきません。
あと、猫カフェによくある猫用のおやつはなさそうでした。

それとこの猫カフェはさっき書いたように、特に入場料金や制限時間はないので、ドリンク1杯さえ頼めば好きなだけいることができます。
また、ドリンクだけではなく普通の食事やデザートも頼むことができます。
初めに行ったときにデザートを食べてみましたが、まあまあおいしかったです。
もちろん猫には何もあげないでください。

そんな感じですかね。
皆が皆そうではありませんが、触らせてくれるねこが多かったです。
久しぶりの猫カフェだったので、楽しかったですね。

あとモンパルナスの近くにもChat Mallows Cafeという猫カフェを見つけたので、また行ってみようと思います。

以上!

世界一周ランキングに参加しています。
1Clickしていって下さい!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA