日本ー山口①

フランス移住にむけて着々と調べ物を続けています。
海外キャッシングとかクレジットカードとかも結構調べているので、この旅行の更新が終わったらまたそういったことも書こうと思います。
とりあえず今日は久しぶりの旅行の続きです!

2日目。
前日の夜は次の日の予定を軽く話し合って就寝した僕たちは、朝8時ごろにチェックアウトし、次の目的地に向かいます。

今日の目的地は秋吉台、そして萩です。
広島から鈍行で山口を目指すので、移動時間がなかなか長いです。
しかも一つ乗り換えを間違えると、到着時間が何時間も遅れてしまいます。
時刻表を調べていて知ったのですが、この辺は1時間に1本もしくは2時間に1本というレベルのようです。

ひとまず朝の電車には間に合った僕たちは、2時間ほどかけて新山口駅に向かいます。
そして新山口駅で昼食を済ませた後、そこからバスに乗って秋芳洞を目指します。
新山口駅のバスチケット売り場では、バス+秋芳洞の入場券が購入できます。
バスが1170円で秋芳洞の入場券が1200円です。(2016年8月現在)
秋芳洞のチケット売り場は多少並ぶので、ここで買うのがいいでしょう。
また、秋芳洞へのバス乗り場はチケット売り場の杉外にあります。
バスと一緒に買うことで割引はあるのかと思ったら、特にそんなことはありませんでした。

バスは40分ほどで秋芳洞に到着します。

IMG_6263

バスが到着するのはこんなところです。
ちなみに帰りはここから長門市駅までのバスに乗ったのですが、そのバスもここ発でした。

さてここから秋芳洞の入口まで歩いて向かいます。
案内が出ているので、迷うことはないでしょう。
途中に土産物通りがありますが、結構さびれてました。

IMG_6264

ずっと歩いていくとこんな入り口が出てきます。
新山口駅で入場券を買っていたので並ぶことなくスムーズに中へ。

IMG_6266

ここから洞窟までの道はすごく涼しかったです。
外よりも10度ぐらい低く感じました。
歩いていると突然鍾乳洞の入り口が現れます。

img_6270

どん!
この入り口すごく大きいです。
中に入ると、半そで半ズボンでは少し寒いぐらいに涼しい。

実はこの鍾乳洞、入り口付近に冒険コースなるものがあります。
DSC_0814
入口の箱に300円入れればだれでも参加できるのですが、このコースがなかなかハードでした。
ビーサンで行っていたというのもあるでしょうが。
ビーサンで行くのは絶対におすすめできません!!

コースは普通に歩けば10分もかからないほどのコースですが、なかなか冒険できました。
DSC_0825

IMG_6274
最後の降りる所がまた急なんです。

なんとか冒険コースを終えた僕たちは、先に進みます。
DSC_0830

dsc_0849

これめっちゃでかかったです。

ここは実際に行って体験してほしいですね。
鍾乳洞って行ったことなかったんですが、すごく冒険心をくすぐられる場所でした。

鍾乳洞を抜けた後は、秋吉台に向かいます。
ここへは、秋芳洞の途中にあるエレベーターを使うと行きやすいみたいなんですが、僕たちは鍾乳洞を最後まで抜けてそこから歩きで秋吉台を目指しました。
結構しんどかったです。笑
たぶん20分ぐらい炎天下の中を歩いたと思います。

そしてやっと秋吉台にたどり着くとこんな光景が待っていました。

DSC_0860

DSC_0862

DSC_0865

ここもすごくよかったですね。
遠くの方までずっとこんな光景が続いていました。
すごく開放的な場所でずっと歩いていきたいような気分にさせられました。
歩いてきて疲れたので、あまり遠くへは行きませんでしたが。笑

バスセンターまでの帰りはカルストタクシーなるものを利用しました。
この辺りを巡回しているバンなのですが、300円で最初のバスセンターまで帰ることができました。

この後萩に向かうのですが、時間の都合上ここから長門市駅までのバスを利用しました。
料金は1650円でした。
行き帰りのバスが結構高くついたのですが、広島から萩まで秋吉台経由で行くとなると、このプランが一番いいかと思います。
滞在時間や移動時間を考えると、選択肢が全くなくなってくるのです。
バスや電車の時間を考えるのがすごく大変でした。

1時間半ほどで長門市駅についてあとは、そこからJRで東萩まで約30分。
午後7時ごろにようやくこの日の宿rucoにたどり着くことができました。

以上!

世界一周準備ランキングに参加しています。

にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA