街ぶらとトップレスに関する考察~スペイン滞在9‐10日目

こんにちは。

スペインでよく使うバスALSAの話。
ALSAのバスには5種類あるんですが、僕は普段一番下のクラスのやつを使っています。
安いですからね。

一応、その一番下のクラスのバスにもWIFIがついているんですが、これが使えない。
パスワードを入れてつなごうとしてもずーっとNoConnectionで全くつながらない。
たまにバスターミナルとかで隣に上のクラスのALSAのバスがあるときにそっちにつないでみると、こっちは使えるようです。
使えないなら期待させないでほしいものです。

ちなみにWIFIのパスワードは「ALSA WIFI」で検索したら出てきました。
バスについてるモニターでネットはできるので、それで検索しました。

さて、スペイン滞在9日目は...同じ部屋のやつとビーチで寝てただけですね。
ほんとに何もしてませんでした。
男3人だったんですが、1人がずっと寝てたので、残った2人で海で泳いだり、バレーしたりしてました。笑

女の子としたかったやつです。

そして10日目。
この日はValenciaでまだ行っていなかったところへ。

まず、中央市場へ行きました。
ここの市場、良かったです。

なかなかに綺麗な内装じゃないでしょうか。


ここでも多くの生ハムが売られています。

リアルタイムはMalagaなので、Barcelona、Valencia、Alicante、Malagaと市場を見てきましたが、Valenciaの市場が一番よかったです。
建物的な意味で。

そこからお次は、闘牛場の方まで歩いていきます。

闘牛場。

と駅。

駅は建物が綺麗だったので、思わず中に入ってしまいました。

中も綺麗です。
このヨーロッパの駅の感じ、好きですねー。

そして肝心の闘牛場ですが、この日は月曜日のため開催されておらず。
まあ元々見るつもりもありませんが。
ここにお金は使えません。

そしてその後、昼食のためにネットで見つけたカフェへ。

trencatというお店。
中央市場の近くにあります。

内装もおしゃれな感じです。

僕がいる間も観光客や地元の人(おそらく)がいっぱい来ていました。

そこで僕が食べたのがこちら…!!

ケサディージャというメキシコのピザらしいです。
初めて食べたのですが、おいしかったです。
上にかかっている黒いのは、バルサミコ酢です。
値段は5ユーロでした。

そんな感じでこの後は、ネット作業という名のネットサーフィンをして、ホステルの屋上のバーで飲んで、この日は終了。

さて、今日のタイトルですが、トップレスに関する考察とあるので、これについて少し。
本来なら結構長文の考察になるのですが、それだと長すぎるので、大分要約して書こうと思います。

スペインに来てから、ビーチでよくトップレスの女性を目にします。
トップレスになる理由としては、おそらくビキニの日焼け跡ができるのが嫌というのが主な理由かなと思います。
そしてこちらでは珍しくもないので、特にじろじろ見られることもないということで、あまり気にしない人が多い。

僕も今となっては慣れたもので、ちらっとしか見ません。
ちらちらっぐらいです。
そしてそこまでテンションも上がるものではなく、むしろ、「あ、すいません。」ぐらいのテンション。
ビーチでジムを見つけたときの方がテンション上がります。

しかし、僕は正直あまり女性にトップレスになって欲しくありません。
なぜなら、ビキニの日焼け跡が好きだからです。
日焼け部分とビキニ部分のコンビネーション、よくないですか?
僕も彼女がトップレスになるときは、その旨を伝えますが、決して強制はしません。
しかし心の中では、密かにトップレスにならないことを望んでいるのです。

結論として何が言いたかったかというと…
・トップレスの女性を見てもそれほどテンションは上がらない。
僕は日焼け跡がある方が好き。

以上!

最後は柱にくっついた天使でお別れ。
この天使、ホステルがある通りの各水道管?にくっついてます。

世界一周ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA