韓国ー釜山④

釜山4日目

最終日の今日は、飛行機が夕方なので昼過ぎには空港へ向かわなくてはいけません。
そこで僕は考えました。
朝からやっていて釜山ぽい所...
宿のスタッフに聞いてみると、チャガルチはどうかと言われました。

チャガルチ市場
南浦駅とチャガルチ駅の間の海側にある市場でその獲れた魚介類が路上に並べて売られているそうです。

釜山が海のそばにあるにもかかわらず、一度も魚介を口にしていなかったので、最終日はここに行くことにしました。

行き方は簡単です。
宿の最寄り駅である釜山駅から新平方面の電車に乗り、南浦駅で降ります。
ここのロッテデパートのトイレはありがたいことにウォシュレット付きのトイレで何度も利用しました。
そしてそこからチャガルチ駅方面に向かって歩いていくと、左手にチャガルチ国際市場の大きな建物が見えると思います。
そのあたり一帯で新鮮な魚介類が売られています。

市場に着くと、まずは市場中を見て回りました。
日本でもなかなかこういった市場に来ることがないので、とても面白かったです。
IMG_6084

IMG_6085

IMG_6086

IMG_6087

IMG_6088

IMG_6090

IMG_6091

IMG_6092

せっかくなので新鮮な魚介を食べてみようと思い、チャガルチ国際市場の手前にある大きな建物に入りました。
最初は国際市場の方で食べられるのかと思い行ってみたのですが、一階のそれっぽい部分が閉まっていたので、こっちに来ました。
たぶん国際市場の上の方の階に行けば食堂とかあったと思います。

建物の一階に色々な魚屋?が入っており、そこで魚を注文して食べることが出来るようになっています。
見た感じ同じような魚屋がたくさんあるように見えますが、売っている魚が少しずつ違ったりしているようです。
はじめはどうしようかとうろうろして声をかけられても大丈夫ですと身振り手振りで答えていましたが、とうとう意を決して一つの魚屋でタコを注文してみました。(どの店の前を通っても呼び止められます。)
IMG_6093

IMG_6094

1000ウォンを支払い、席で待つこと5分ほど。
その間に韓国特有の突き出しがいくつか出てきます。
IMG_6097
タコは刺身にしてもらったのですが、しょうゆとわさびだけでなく、コチュジャンとごま油+塩も出てきました。
そしてやってきたタコを見ると、まだ動いています。
こういう風に食べたことがなかったので、すごく興奮していました。
そして味はというと...まあ普通でした。笑
ただ、口の中でタコが動く感触が新鮮で面白かったです!
それと刺身とごま油+塩という組み合わせは食べたことがなかったのですが、すごくよく合っていておいしかったです。

タコを食べながら、全然値切らずに買ってしまったなと後悔していました。
こういう場面で後で気づくということが本当によくあります。
そこで別の魚屋で値切りに挑戦してみようということでやってみたところ、いくつかサービスでつけてもらうことに成功しました。
これが本当に安かったのかどうかはわかりませんが、経験として考えておきます。
IMG_6098

IMG_6099

IMG_6101

IMG_6103

IMG_6104

ここは結構日本語も通じるので、注文はそんなに心配する必要はありません。
ただ、誰かと来た方がいいなということはすごく思いました。
一人で黙々と食べている人は一人もいなかったです...。笑

そんなこんなでいい時間になったので、空港に向かい、今回の旅行は終わりを迎えました。
感想としては、ハングルだらけなので、何を探すにしてもハングルがわかっていないと苦労するということが多かったです。
街の感じとかは昔の日本といった感じでしょうか。
南浦洞とか西面のショッピングモールはそうでもないのですが。
機会があればまた行きたいと思います。
個人的には、台湾の方が好きです。

今回使ったお金は、こんな感じです。
飛行機代:17000円
両替:20000円
カード;約10000円(たぶん)
合計:47000円

自分的には、もうちょっと無駄遣いを減らせたなと思います。
まあ5万円あれば、4、5日は十分に過ごせると思います。
宿を安く抑える必要がありますが。

これで韓国旅行の更新は終了です!

以上!

世界一周準備ランキングに参加しています。

にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA