【手数料明記】完全帰国の際の日本への送金方法

この度、このブログに書いてある情報を全てまとめたサイトを作りました!
FranFormation

 

こんにちは。

 

皆さんは完全帰国する際に、フランスの銀行口座に残ったお金はどうするか考えていますか?
日本へ送金してもらう、全て引き下ろして持って帰って日本で換金する、どちらもいい方法とは言えません。手数料が高くつくでしょう。

 

結論から言うと、これについての最適解はTransferWiseを使うことです。

 

TransferWiseとは

 

TransferWise

TransferWiseは世界中で利用されている国際送金サービスです。日本では、2016年9月に正式サービスを開始しています。TransferWiseの最大の利点はなんといっても、圧倒的に安い手数料にあります。

https://transferwise.com/jpより

こちらの画像はTransferWiseのトップページから持ってきたものです。少し画像がぼやけていますが、手数料が1791円となっているのがわかるかと思います。

https://transferwise.com/jpより

他のネット銀行との比較もあります。手数料に関しては、Rakuten銀行やPaypalの方が安いですが、為替レートも含めると、TransferWiseが最安になっていることがわかります。

 

送金方法

 

送金方法も簡単です。以下のフローでは、すでに登録を済ませてあるので、まだの方は済ませておいて下さい。

登録等詳しいことは以下のサイトを参考にしました。

 

  1. Send moneyをクリックして以下のページで送金する額を設定してContinueをクリックします。例では5000€に設定しています。
  1. すでに送金をしたことがある場合は以下のように、表示されます。自分の日本の口座に送金する場合はMyselfを選択します。
  1. 銀行情報を入力します。
  1. 以下の確認画面で送金金額に間違いがなければ、Confirm and continueをクリックします。

 

フランスの銀行から直接日本の銀行に送金した場合

 

僕が帰国する際は、時間の関係上、TransferWizeは使わず、フランスの銀行から日本の銀行に直接送金しました。
この送金には約1カ月かかると言われていましたが、実際にかかった時間は1カ月半ほどでした。支払いなどが残っていると多少前後するようです。

 

帰国する際に銀行口座に残っていたお金が、約2100€で日本円で262395円(2019年12月時点)で、実際に受け取った額が253241円でした。
つまり為替手数料や送金手数料で約9000円を支払ったことになります。TransferWizeがいかにいいサービスかがわかると思います。

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。TransferWizeの素晴らしさがわかっていただけたかと思います。

完全帰国の際の手続きについては、また改めてまとめるので、少しお待ちください。実際のところそれほど複雑ではありませんでしたが。

 

以上!

 

パリ情報ランキングに参加しています。
1Clickしていって下さい!

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ



にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA