Language Exchange in Aix en Provence

2020年1月29日追記
この度、このブログに書いてある情報を全てまとめたサイトを作りました!
FranFormation

 

こんにちは。
今週末も彼女の家に帰ってきております。

昨日土曜日はAixenProvenceにてLanguageExchangeに参加してきました。
夕方の5時スタートだったのでそれまでは街中を散策します。

AixenLamaからは歩いて行ったので、中心部までは45分ほどかかりました...
到着したのが12時ごろだったのですが、写真のような感じで朝市?をやっていました。

果物やオリーブオイル、香辛料、洋服などが売られています。
この香辛料屋さんは色彩がきれいだったので思わず写真を撮ってしまいました。

さて、その後はPC作業をしようと思い手ごろなカフェを探していたのですが...
なかなか見つかりません!
そもそも街中でPCを広げて作業をしている人自体いません。
彼女から以前言われたのですが、カフェでテーブルにiPhoneを置いていると「盗られるからしまっとけ」と言われたので、それを警戒して皆外ではPCを触ったりしないのでしょうか。

何とか見つけたカフェでWiFiにつないでみるも、弱すぎて何もできませんでした...
仕方なくその後はカフェをはしごしたり、歩き回ったりして時間をつぶします。

ちょっと歩くだけでこんな感じなので、ただ歩くのが楽しいです。
日本に来る外国人もそういう感覚なんでしょうか。


彼女お気に入りのピザ屋。
AixenProvenceに3件あります。


確かにおいしい!

さて5時になったので、会場のカフェに向かいます。
メイン通りを少し奥まで行くと左手にあるこちらLesDeuxGarçon。
中はイギリスの伝統的なカフェっぽい雰囲気です。


https://www.flickr.com/photos/stewiedewie/9533532206/より


https://www.provenceinwortundbild.de/departements-provence/bouches-du-rhone/aix-en-provence-seite-1/より

中に入ると指定のコーナーに何人かが集まっています。
いつも通り人見知りを発動しそうになりますが、ここはこらえて声をかけます。
「LanguageExchangeの人たちですか?」(iPhoneを見せながら)
「そうだよ!」
こうして無事メンバーに合流することができました。

そこからは大体夜の8時ぐらいまで喋り通しです。
僕はフランス語は勉強中ですが、英語もまだまだ未熟で大勢で喋っていると置いてきぼりになることが良くあります。
それが全員初対面となると...
なかなか難しいですね。

そんな中でも何人かとじっくり話すことができ、その中の一人に「この後ビリヤードに行くんだけどどう?」と誘われました。
もちろん行くと答えると、あとで彼と合流する約束をした後、彼は先に帰っていきました。

その後、何人かのメンバーがレストランに行くというのでそれについていくことにした僕。
ついていったはいいですが...

全員がフランス語を話すため、基本的に話はフランス語。
最初に、僕がフランス語がわからないということで英語で話そうということになったのですが、気づけばフランス語で会話が進んでいました。
まあ皆さんフランス語の方が話しやすいので、しょうがないのですが。
所々で気づいたかのように英語になるのが申し訳なかったです。
英語は英語でも皆さん英語も流暢なので、ついていくのも難しかったです。
ほとんどしゃべってなかったですね...

料理はおいしかったです!

そしてレストランを出たのが9時半。
皆がデザートを食べている中先に会計を済ませて出てきました。
皆なんだあいつとかいう感じになっていたでしょうね...

そして急いでボウリング場に向かいます。
AixenProvenceにあるボウリング場では、ボウリングはもちろんのこと、ダーツやビリヤードなども楽しめるのです。
駅のそばにあるので場所はわかりやすかったです。

ちょっと遅すぎたかなと思いながら中に入ると、まだいたので安心しました。
彼の名前はユアン。
他に友達が4人いました。
中には日本語を習っていたという女の子や日本に行ったことがあるという女の子もいたので、いろいろ話すことができました。

ビリヤードやサッカーゲームなどを一通り楽しんだ後、皆帰る感じになりました。
そこでこの後牧場に帰るのかと聞かれ、実は今日は牧場には帰れないのでホテルを探さなくてはいけないという話をしました。
そうなのです。
実は、今日明日はホストが夫婦二人だけで過ごしたいとのことで家に帰れないのでした。
そして彼女は今日は家にいないとのこと...
内心Meetupで誰か家に泊めてくれないかなと思っていたのです。

その時、その中の一人の女の子がうちで寝ていいと言ってくれました。

しかし、彼女のことを考えると女の子の家に泊まるということに対して罪悪感を覚えてしまうピュアな僕。
その女の子には、嬉しいけど泊まることはできないと断ることにしました。
後で彼女に泊まったらいいのにと言われましたが。笑

結局ホテルを探すことになり、ユアンとその友達が何件もホテルに電話をかけて確認してくれます。
初めて会ったばかりなのにここまでしてくれるなんて...と思いました。
純粋にうれしかったですね。
ユアンからは何度も「僕は親の家に住んでて泊めてあげられる部屋もないんだ。ごめんな。」と何度も謝られました。
なんていい奴なんだ...

結局62ユーロのホテルが見つかりそこに泊まることにしました。
少し高いですが仕方ありません。

そして皆には何度も何度も感謝を伝えました。
再会を固く誓い合った後、一人の女の子が来るまで来ているというのでホテルまで送ってもらえることに。
最後まで感謝の気持ちが止まりません。

そして12時を過ぎたあたりにようやくホテルに着き、一晩をベッドの上で過ごせることが確定しました。
ホテル自体はボウリング場から10分もかからない高速道路沿いにあるところでした。

いやー、どうなることかと思いいました。
そして彼らには改めてお礼を言わなくてはなりません。

誰もここに来ないとは思いますが(高いし中心から離れてるし)、一応ホテルの情報と写真を載せておきます。

Hôtel Restaurant Campanile Aix-en-Provence

料金:63ユーロ(僕が泊まった時の金額)
朝食は+10ユーロほどでつけることができます。

そんな感じの色々あった一日でした。

以上!

世界一周ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA