フランスでよく見るVape

こんにちは。

 

 

労働ビザ更新から1週間経ちましたが、まだ連絡はありません。ほとんど同じ時期に更新した同僚もまだらしいので、まだ時間がかかるようです。

 

 

さて、今日の話は「vape」についてです。皆さんご存知でしょうか。

こういうやつです。

 

 

日本語でいうと、電子タバコですね。

 

 

フランスではみんなそこら中で吸っています。特徴としては、大量の煙が出てフルーツやミントなどのフレーバーがついているということが挙げられます。

僕も一昨年ぐらいから使っています。

 

 

使い方としては、中に煙の元となる液体をチャージして使うようになっています。また、形は上で出てきたものの他にも、ペンタイプのvapeがあります。

以前は値段が安いという理由から、ペンタイプのものを使っていました。セットで50€ぐらいですね。ただし、落としやすいという欠点があります。

僕は初代と2代目がペンタイプだったんですが、どちらも落として壊してしまい、今は大容量のタイプを使っています。大容量のものは、安いもので大体80€ぐらいします。

大容量のものは、手にフィットしやすい形なので、ペンタイプのものより落としにくいです。

日本ではどれぐらいなのかとAmazonを見てみましたが、大容量のものでも5000円以下というのが多かったので、日本の方が安いと思います。

 

 

中に入れる液体は、フランスだと大体6ユーロぐらいで買えます。タバコ1箱よりちょっと安いぐらいですね。

こちらも日本だとどれぐらいなのかと少し調べてみましたが、大体1000円ちょっとで100mlというのが多かったです。フランスでは10mlがよく見るサイズなので、100mlはかなり大きいです。

今回日本に帰った時に気づいたんですが、日本にも結構vapeのお店がありますね。ただ、日本で使っている人は全く見かけなかったです。

 

 

最後に僕が愛用しているvapeを紹介します。

 

 

EleafというメーカーのMelo4という機種です。半年ぐらい使っていますが、なかなか使いやすいので気に入っています。

 

 

大きさはこれぐらいです。手のひらに収まるサイズなので持ちやすいです。ちなみにこれは僕の手ですが、そんなに大きくありません。

 

 

上の部分をスライドさせてそこからリキッドを入れます。

 

 

この液晶画面で電池残量を確認し、画面下の+と-ボタンでワット数を変えることができます。ワット数を変化させることで、煙の量を変えることができます。

操作は簡単で、側面についてるボタンを5回連続押すことでONとOFFが切り替えられます。ボタン操作は他にもあるんですが、僕は全く使いません。

 

 

タバコをやめたいと思っている方は、まずこれでタバコの本数を減らすことから始めるといいかもしれません。実際、僕も同僚もこれを始めてからタバコの数がだいぶ減ったそうです。

 

 

以上!

 

パリ情報ランキングに参加しています。
1Clickしていって下さい!

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ



にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ



にほんブログ村

アイキャッチ画像の撮影者ブログ→https://www.blacknote.com/ 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA